« ティケライブレポート | トップページ | a life ! »

2008年6月12日 (木)

操体法ワークショップ 東京 2

東京での操体法ワークショップ2回目を行います。

操体法とは。。。

 人が健康に生きていく為に最低限自己責任で行わなければならない呼吸(息)、飲食(食)、身体運動(動)、精神活動(想)が調和して、環境に適応するための原理です。
 故橋本敬三医師(1897~1993.仙台市・温古堂診療室)が、
江戸時代からの民間療法「正體術矯正法」(1927年発刊)を
運動生理学に照らし合わせて体系化しました。

このワークショップでは、この操体法の呼吸(息)と動(身体運動)をさらに「ゆっくり、意識的に」し、エネルギーを高め、内面性に静けさをもたらす新しい運動法として紹介しています。

具体的には、体の内側に注意を向けながら気持ちのいいほうへゆっくりと動き、呼吸とともに静かに脱力する(動きをやめる)、ことで様々な不快感を解消し、歪んでいた心と体のバランスが自然と整っていきます。

無理な動きは決して行わないので、安全でどなたでもできます。

コツをつかむと自分ひとりで行い不快感、歪みを解消できるようになります。

体が柔軟性を回復しバランス化されることで中心軸を捉え易くなるので、各種スポーツ、ダンス、ヨガ、武道、音楽などの向上にも効果があります。

講師 荒井道知

20代前半に単身メキシコに渡り半年間過ごす。

滞在中にA型肝炎になり操体法に出会い、呼吸を意識することの大切さ、人と自然のつながりの核の部分に触れる。

日本に帰国後、クラニオセイクラル、野口整体、リフレクソロジー、レイキ

フェルデンクライスメソッド、操体法を治療院で働きながら勉強する。

20代後半西荻窪にて、操体法とリフレクソロジーの治療院 サン&ムーンを開業。

結婚後、自分が自然から離れ町の中に住むことの矛盾に気付き

伊豆の山の中で、操体法誘導と石釜カフェを組み合わせた

ヒーリングプレイス いつくしみ屋 を開業し今に至る。

最近は10年近くやっているアフリカ太鼓と、パートナーのフリーダンスを組み合わせた

ヒーリングドラムダンスのワークショップや、操体法誘導クラスをはじめ、人気を集めている。

             

       ベーシック2

内容   ・腹式深呼吸

      ・不快感の解消法

      ・体の使い方   体の中心と重心の一致

                 重心移動の法則

                 呼吸と動作の協調

日時  6月23日(月)  18:00~19:30 定員6名 (6・21締め切り)

料金  3000円 (予約制) 定員が集まり次第締め切らせていただきま    す。     

持ち物 ヨガマット 動きやすい服装でいらして下さい

場所  東京都中央区日本橋人形町2の32の7

アクセス 日比谷線(人形町下車)もしくは半蔵門線(水天宮下車)

      甘酒横丁を明治座方面に行き、甘酒横丁の終わりの緑地帯との交差点の角、ピンクのビル1F 

       ホテル吉晁となり

予約・お問い合わせ

       いつくしみ屋 0558-27-3836

        itsukushimiya@cy.tnc.ne.jp

|

« ティケライブレポート | トップページ | a life ! »

アフリカンドラム(ジャンベ)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、LCN代表のこたきです!この度は、100万人ブログへのお申込みありがとうございました。伊豆白浜地域の方々と様々な情報交換をさせていただければ幸いです。
トップ頁へのブログ更新情報の掲載についても、よろしければ、よろしく御願いします。

投稿: こたきあゆむ | 2008年6月12日 (木) 14時35分

こたきさん。

掲載ありがとうございます。よろしくお願いします。
トップ頁へのブログ更新情報の掲載についてはどのようにしたらいいのですか?

投稿: michi | 2008年6月14日 (土) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194202/21580613

この記事へのトラックバック一覧です: 操体法ワークショップ 東京 2:

« ティケライブレポート | トップページ | a life ! »